バンコク4日目 スクンビット周辺

*2017年4月頃の話です

ソンクラーンはまだ続いている。今日はその最終日だ。むろん有終の美を飾らんとするためか、水かけ合戦の盛り上がりは最高潮に達している。この頃にはさすがに対応に慣れた上、宿で旅装を解いて街歩き用の軽装になっていたから、そんな中でも以前よりは濡れなくなってきた。

この日はようやくバンコクの目玉観光スポットである三大寺院に向かう予定だった。聞けばこの三つの寺院はそれぞれ場所も近くボートで行くのが便利らしい。私の宿からは少し遠回りに見えたがこのボートでの移動も目的の一つだった。

宿を出てまずは大通りに出なければならない。ということはまたあの激戦区を抜けるわけだが、今回は身軽なので軽快にかわすことができる。動きも学習した。まずバケツ野郎は両手で重いバケツを持っているから素早くは動けない。最初は気づかない風を装って近づこうとするや否や思いっきり駆け出してやる。すると急には動けないらしく上手く出し抜くことができた。最初から走っていると位置を予測して待ち伏せてくるので不意を突いた動きがいいだろう。ホースや水鉄砲は当てやすい代わりにそこまで濡れはしない。他に歩いてる人間がいればそちらに注目がいってる隙に濡れるのを覚悟で悠然と歩けばあまり狙われることはなかった。走ったり反応が良かったら集中放水を受けるのでおすすめしない。

この無駄な研究と努力によってなんとか濡れずに大通りの駅までたどり着いた。ボート乗り場にBTSで移動するとちょうど三大寺院のあるエリアの南から出発になる。そこから川を上っていき、まずはワットアルンに向かう。この寺院だけ川の西側で残り2つの寺院とは対岸に位置していて、上りのボートは西沿いに進むので都合よく回れる。

旗によって止まる場所が表示されている。だが有名な場所はだいたい止まるらしいので適当に乗り込む。

船着き場であるサトーン駅を船上から見た光景。

船内の様子。これはだいぶ空いている方だった。

船内からの景色も良かった。

古い洋風の建物も見られる。

テレビ局らしき立派な建物。

 

そのビルには2016年に崩御された国王のお写真が大きく写し出されている。この写真を撮った時、タイは一年間喪に服している最中だった。

さすがは高級ホテル。なんとは無しに写真を撮ってしまう風格があった。個人的には張り出しのメリハリの効いている感じが良い。

ショッピングセンターだと思うが高級感がある。日本ではこんなデザインあまりないように思う。

こじんまりとした教会まであった。タイ語と英語表記があるのはわかるが何故中国語まであるのか気になった。

またもやショッピングセンターを発見。やはり川沿いには活気を感じる。

あまり見たことのない種類の仏像。左の看板には仏教への敬意を促すための注意が書いてある。このような注意書きも日本では見た事はなく、宗教に対する考えの違いを感じた。

細かい作り込みや彩色の鮮やかさに日本の寺院にはない異国感を感じる。

絶賛工事中だった。

猫の親子。

の後に似たようなもう一組の親子。虎を摸しているのだろうが可愛らしくて怖くない。

派手な色使いが南国の明るい雰囲気に似合っている。だがやはり日本人からするとあまり歴史や伝統を感じにくいと思った。しかし日本の東大寺なども完成した当時は色鮮やかだったというから、こちらが本来の姿なのだろう。

ここから対岸に船が出るはずだがもうわけわからんので歩いて行ってしまうことにした。

ここなら渡れるだろと適当に見当をつけた橋を渡る。

疲れたが案外いい眺めに出会えた。

だいぶ北の橋を渡ったので王宮から離れてしまった。代わりにカオサンロードが近いので先にそちらへ行ってみることに。

 

似たような通りは幾筋かあるが一目でそれとわかるほど賑わっていた。

アジアの無秩序な発展と欧米資本の融合した味のある風景だと思う。昔カオサンロードはバックパッカーの集う場所で日本人の多くもここを目指して旅に出たらしい。しかし現在は安宿街、情報交換の場というより観光地のようになっているらしい。しかし観光地となったとしても見応えがあって、歩いているだけで満足できるような場所だった。それが旅情のない光景だと言われればそれまでだが…

この後残り二つの寺院へと向かうが、この日は閉館日だった。またもや無計画な性格が災いしてしまう。手持ち無沙汰になったのであたりをうろつくことに。この辺りは王宮が近い事もあってかソンクラーンが盛んではなく歩きやすかった。

街中至るところに国王の姿が見られる。国が変われば皇室も開放的な印象で、ここにも文化の違いを感じる。

帰りは対岸に渡る必要さえなければ私にもわかるくらい船の乗り方は単純だったので、またBTSの駅まで戻る。

来た時には気づかなかったが異様な雰囲気を醸し出す建物を発見した。サトーンユニークタワーという名前でこの巨大なビルまるごと廃墟らしい。広告にこそ使われているようだがここまで大きい建物が使われずに放置されていると自然に違和感を放つものなのだと思った。

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です